【吹き出物の原因と治療】体「お尻」

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hukidemono★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



お尻に出来る吹き出物について説明します。

お尻に出来る吹き出物には2つ種類があり、顔に出来る吹き出物と同じ毛穴の汚れと細菌感染が原因の場合と、粉瘤腫(ふんりゅうしゅ)別名アテローマと呼ばれるものがあります。

皮脂や角質は、垢として自然と剥がれ落ちたり洗い流すことで体から離れていきます。しかし本来体の表面にあるべき皮膚が、表皮の下に潜り込んでしまうことでその角質や皮脂がその中に溜まってしまい、しこりを形成してしまいます。

この粉瘤腫アテローマは出来始めであれば、座っていてもしこりの感触が分かる程度で済みますが、細菌感染がひどくなると大きく腫れて炎症を起こし、強い痛みを伴うこともあります。場合によってはには痛みで座ることが出来なくなることもあります。

自然に治ることはほとんどないので、粉瘤腫アテローマが出来た場合は、切開して中身を取り除いたりと手術が必要になります。
もしお尻に出来た吹き出物がなかなか治らない場合は、痛みがなくとも粉瘤腫アテローマの可能性がありますので、皮膚科に相談しに行きましょう。


⇒ 体「背中」

【吹き出物の原因と治療】TOP

sponsored link


copyright©2009  【吹き出物の原因と治療】顔・口・おでこ・お尻  All Rights Reserved